馬を見に行きました。(ヘルパーステーションすてっぷ)

〇月〇日

こちらがSさんです



普段から競馬のDVDを観たりと、

馬好きで有名なSさん。

 

この日は、ヘルパーを利用して

馬事公苑に馬を見に行くことになりました。

 

もうすでに、午前中に見に

行っており、

昼食を食べたら、

再び馬事公苑に向かいます。

 

馬事公苑は、これまでにも何度も行っており、

馴染みのある場所です。

Sさんは、この場所を思い出したのか、

行きつけのように

方々をのぞき込んでみたり、

覗き見るSさん



時には、少し離れたところから

様子を見たりしていました。

少し離れたところから見守るSさん



この日はたまたま、新人男性ヘルパーが同行研修をしていました。

Sさんの馬へのふれあいがあまりにも積極的過ぎて、





思わず苦笑い。

この後も、Sさんの馬とのふれあいは

止まりません。

白い馬に会えて思わず喜ぶSさん



ビビってる訳ではありません。









 





今度は離れた場所から、馬場を駆ける馬を見ます。





 

次回は、馬に乗れると良いですね。

 

ヘルパーステーションすてっぷの紹介はこちらから

http://s-step.com/?cat=27

 

 

Print Friendly

とらっぱ「はじめてのヨガ体験!」

6月のとらっぱの「B型自立講座」は、昨年から2ケ月に一度

行なっているアートの時間「とらっぱのはらっぱ」でした。

(講師:アーティストの後藤朋美さん、コーデイネータ:千木良さん)

 

今回の「とらっぱのはらっぱ」では、後藤さんの友人の

ヨガ講師:幸島 愛さんをお招きして、ヨガをしました。

 

心と身体をほぐし、一緒にリラックスした後、今、自分はどんなことを

したいか、どんなことに興味があるか。今後、「とらっぱのはらっぱ」

のみんなで、どんなことをやってみたいかということを話しました。



 

まずは自己紹介から始まります。丸くなって顔を合わせて、

少し緊張した心と体をほぐします。



とらっぱのある前橋市総合福祉会館内の広いたたみの部屋

「いきいき談話室」で窓を全開にすると心地よい風と鳥の声が。。。

自然にリラックスした雰囲気になります。



講師の幸島さんが真ん中に。

まずは、簡単なポーズからはじまります。



 





足をくんで体に近づけたり。。





たちあがって、片足をあげて、バランスをとります。





うつぶせになったり





リラックスして足をのばしたり





中には御茶目に、ちょっと違うポーズになる方も



タオルをつかって足をあげたり



 

おもいきり、足と腰をあげます

幸島さんに手伝ってもらって。「よいしょ!」って



みなさん、足がよくあがっています。

「あー気持ちよかった!!」



ヨガを終えて、みなさんの感想は、

「いたかったけど、楽しかった」

「おもしろかった」

「姿勢をとるのが大変でした」

「ポーズをとって、木をなびかせる風の音と、

鳥の声を聴いていると頭の中のもやもやが

なくなり、すっきりしました」

 

ポーズに没頭する人。他の人の様子をみながら

楽しむ人、こわいっていいながらきれいなポーズを

とる人、ずっと笑顔でいる人。

みなさん、それぞれの楽しみ方をしていました。

 

ヨガでリラックスした後は、今、自分が興味があること、

好きなこと、今後「とらっぱのはらっぱ」でやってみたいこと

などを話し合いました。

 

「ドッチボールがしたい!」「バドミントンやりたい!」など

いろんな意見が出ました。

 

はじめてのヨガ体験、また一つ素敵な繋がりができました!

ヨガ講師の幸島さん、アーティストの後藤さん、千木良さん、

ありがとうございました。

 

Print Friendly

合格おめでとう!(サービスステーション)

小学校高学年頃からサービスステーションをご利用され、中学卒業までkid`s clubをご利用されていたAさん。

高校生になってからも時々ご家族の用事の時にサービスステーションをご利用されていて、そんな時は高校の学園祭での劇の様子を教えてくれたり、楽しく高校生活を送っている様子でした。

 

そんなAさんから、先日、嬉しいご報告がありました。

「学校からの勧めで、介護職員初任者研修を受けました。

夏休みも、冬休みも勉強して、実技試験と筆記試験ともに合格しました!」

これが、介護職員初任者研修の終了証明書!


勉強によるストレスからご家族と外出中に落ち着かなくなり、急遽サービスステーションを利用することがあったAさん。

サービスステーションで、自分の気持ちをスタッフにお話しすることで気持ちを整理されているようでした。

お話しされた後は、ゆっくりとTVやDVDを観て過ごされていました。

この写真は、終了証明書を頂いた時にお母様が送ってくださったものです。

そのメールには「すてっぷさんに行ってくるとすごく落ち着いて帰ってきて、また頑張れたのだと思います。」と書いてありました。

「気持ちを伝えられる!わかってくれる!落ち着ける場所。」

Aさんにとってのサービスステーションすてっぷは、そんな存在だったのではないでしょうか?

 

Aさん、ほんとうにおめでとう!!!

Print Friendly

わーくはうす すてっぷグループ旅行「花火と芸妓の舞踊る熱海旅行」

平成29年5月13日(土)・14日(日)一泊2日で参加者9名とグループ旅行に行ってきました。

予定では、1日目 ローズガーデンからdoka土火 2日目 芸妓見番でしたが、

雨の為、1日目 doka土火 2日目 ローズガーデンから芸妓見番へと、日程を変更しました。

新幹線あさまとこだまを乗り継ぎ、約3時間かけて熱海に向かいました。

 

《 駅ビル・ラスカ熱海で昼食 》11時30分~12時30分

和食のばんばん食堂と、中華料理の五味八珍に行きました。

《 ばんばん食堂 》



自分の顔位ある大きな海鮮丼を前にご満悦。



丸ごと1匹の金目鯛を見て「はははは」と、思わず笑いが出てしまった様でした。

 

《 五味八珍 》



名物の浜松餃子や、ラーメンを味わいました。

 

《 陶芸工房doka土火 》



素焼きのお皿に、藍の絵の具で文字や絵を描く体験や

陶器製のスプーンに、6色の絵の具を使い、絵付けをする体験をしました。



スラスラとお皿に、絵を書く人もいれば、何度か書き直してこだわっていた人や、

スプーンにポンポンと、色を付けながら、自分のイメージを表現する人など、

個性豊かな作品を作っていました。

 

《 かんぽの宿 本館 》 https://www.kanponoyado.japanpost.jp/atami

かんぽの宿は、海を見下ろす高台に立つ湯煙の宿で、

部屋からの眺めもよく、バリアフリー対応客室には、電動ベッドも配備してあり

大浴場には浴室用の車イスも用意されていました。

夕食は、牛肉のやわらか煮、あわびの酒蒸しなど、花火大会特製和風会席料理でした。



何から食べようか迷ってしまう事もありますが、


美味しい食事を前に、自然と笑顔がこぼれます。


カラオケを熱唱していました。

 

《 熱海海上花火大会 》



夕方には雨もあがり、花火を堪能出来ました。



 

2日目

《 アカオ ハーブ&ローズガーデン 》 www.garden-akao.com



高台の傾斜に広がる花園は、素晴らしい景色でした。





ガーデン・スイーツ祭が開催中で、バラのアイスクリームや、

バラのジュースを味わいながら、バラを感じていました。



 

《 熱海芸妓見番 》「湯めまちをどり華の舞」

芸妓踊りや三味線など、宴を盛り上げるプロの技を堪能しました。



舞台の踊りの撮影は禁止でしたが、公演後は、近くで写真撮影が出来て嬉しそうでした。





段差や坂の多い熱海でしたが、介護タクシーや観光タクシーなど活用して、

熱海の素晴らしい眺望や、街並みを感じられる旅行が出来ました。

 

わーくはうすすてっぷについてはこちら

Print Friendly