前橋祭り~だんべえ踊りに参加してきました!~とらっぱ

とらっぱのだんべえ踊りの練習は9/20(水)から始まりました。

練習がある日も、いつものようにお仕事をします。

     







午後3時過ぎ、着替えをすませ
練習開始!

毎週水曜の15:40~16:10の30分間、
音楽を流し、声を出しながら、練習しました

初めは、スタッフの動きを見ながら踊っていましたが、3回目の練習時には、細かい踊りが出来るようになり、大きな声で掛け声を出すことが出来ていました。







前橋祭りの当日。

雨の心配もありましたが、私たちの熱い思いが伝わったのか、
とても良いお祭り日和になりました。





わーくはうすすてっぷ、ぴいす、とらっぱ合わせ、隊列はなんと62名!!



周りの人の多さに緊張する人や楽しみでドキドキする人と様々でしたが、だんべえ踊りが始まると「そーだんべぇ!」「そーだんべぇ!」「それ!それ!それ!それ!」と練習通り、大きな声で掛け声を出していました。









 

時々周りを見ると、笑顔で踊っている方が多く
皆さん本当に楽しそうに踊っていました。



 

「踊りが難しかった」

「足が分かんなくなった」

「パレードみたいで楽しかった」

「たくさんの人に見られて恥ずかしかった」

と、様々な感想が聞けました。

次回も晴れると良いですね。
・・・あと、今度はみんなで出店も回りたいですね。

Print Friendly, PDF & Email

地域生活を支える(ヘルパーステーションすてっぷ)

Sさんの利用の様子を紹介します。

Sさん



Sさんは、平日、前橋市内の生活介護事業所を利用しています。

 

ヘルパーステーションの利用は、

生活介護事業所がお休みの

土曜日、日曜日、祝日。

移動支援事業を利用して、

敷島公園などに出かけて、

さんぽを楽しんでいます。

利用時間は3時間程度です。

さんぽの様子①



さんぽの様子②



Sさんは、てんかん発作があるため

さんぽ中は発作の兆候がないか、

発作によって転倒させないように

注意しながら支援しています。

休憩中①



休憩中②



障害の重い人であっても、

地域で生活している限り

障害のある本人や

そのご家族の

支えとなれるような事業所でありたいと思っています。

Sさんの様子②



ヘルパーステーションすてっぷのについては

下記をクリックしてください。

http://s-step.com/?cat=27

 

 

 

Print Friendly, PDF & Email

自立講座『スポーツを楽しもう』(わーくはうすすてっぷ)

9月の自立講座は今年度2回目となる「スポーツ」をテーマに行いました。
前回と同様にボッチャとマラソン練習に分かれての活動となりました。

ボッチャとは・・・

パラリンピックの正式競技として行われています。
ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに
赤と青のそれぞれ6球づつのボールをいかに近づけられるかを競うスポーツです。
(日本障がい者スポーツ協会より)

前回はぐんまボッチャ協会の講師の方に教えていただきながら行いましたが
今回は利用者さんとスタッフのみで行いました。



どこに転がすか狙いを定めて・・・





ボッチャの魅力は誰もがスポーツを楽しむことが出来るというところにあります。
皆さん楽しみつつ、どこに投げたら近づけられるか真剣に考えていました。
目指すは公式戦へ出場です!

 

一方こちらはマラソンチームの様子です。
今回はみどり市にある東運動公園で行いました。






一周約300mのグラウンドを歩いている方もいれば走ったり歩いたり、終始走っていたりと
これからはじまるマラソン練習に向けていいイメージがついたと思います。
皆さん11月のぐんまマラソンに向けて体力づくりに励んでいました。

どちらのグループもあっという間の2時間で身体も気持ちも熱くなったと思います。
1月にはもう一度「スポーツ」がありますので
次はより楽しめるよう今から身体づくりに励みたいですね!

 

わーくはうすすてっぷへはこちら

Print Friendly, PDF & Email

Handi-Art 2017 art exhibition(youtu…

ハンディアート展(8/27-29デンマーク ネストベド市)の様子がyoutubeにアップされました。
09:35~黒沢さん
16:45~佐々木さん
が映っています。
YouTube Preview Image

Print Friendly, PDF & Email

『楽しく学ぶ!』(ワークセンターまえばし)

ワークセンターまえばしが、今年度から行っている企画のひとつに就業交流会があります。苦労して就職した企業に長く勤めることができるように、苦手なことを楽しく学ぶ企画、今回は「コミュニケーショントレーニング」を行いました。

 

7月29日(土)総合福祉会館会議室に群馬医療福祉大学の辻講師をお招きしました。「お互いに気持ち良くコミュニケーションを図る」ために何をしたらよいかを17名が参加し楽しく学びました。

まずは自己紹介、「ほっとCafé」で顔見知りである仲間が多いのですが、改めて名前や好きなことを数名のグループに分かれて行いました。メンバーの前に立ち話す姿は緊張しつつも和やかな雰囲気の中で行われ、全員が発表することができました。好調なスタートです。



次に学んだのは「あいさつの仕方」です。

2名のスタッフが行い、最初のひとりが「小さな声で」「ぼそぼそと」「表情も暗く」伝えます。

A「お・は・よ・う・ございます・・・」(-_-)



 

次のスタッフは「はっきりした口調で」「明るく」

B「おはようございます!」(^^)

講師が今の挨拶はどうでしたかの質問に期待通りの「Bの方がいい!」答えとなりましたが、

熱の入ったスタッフの迷演技?に「暗くて気持ち悪い」「元気過ぎて引く」といった想定外の答えもありました。

同じあいさつでも、言い方と表情で伝わり方がまったく違うことを実感しました。



また、言葉を使わずに顔の表情から「怒っている」「うれしいことがあった」「悲しい」などを当てるジェスチャーゲームも楽しく行い、コミュニケーションは言葉だでけではなく、「顔の表情」と「体」で表し伝えることがとても大切なことだと学びました。





最後に講師から「修了書」を一人一人に手渡しされ大満足の講習となりました。



この講習は聴くだけの講習ではなく、初めてグループワークを取り入れ、自分の意見を皆の前で発表することへチャレンジしました。初めは戸惑いも見えましたが、各自、発表前に自分の言うことをメモに書き、ドキドキしつつも発表し、拍手で終わる。まさに、コミュニケーションの実践です。

次回は「防災について学ぶ」を予定しております。また機会があればご報告いたします!

Print Friendly, PDF & Email