SNOW! SNOW! SNOW!☃(Little Kid’s Club)

朝起きると、一面まぶしすぎる銀世界

子供達は長靴、手袋、帽子を被って、遊ぶぞー!!

お庭の雪を見ると、雪に向かって走りだしました。

ザク!ザク!ザク! まずは足で雪の感触を確かめます。



スタッフに誘われてソリ遊び。

どうやって遊ぶの?うわー、ちょっと怖いけど楽しい!!



ちょっと触ってみよ。食べられるのかな?



そりすべりの形が残っているところに

手をズボッ!!

つめたーい!



しっかり握って、投げてみよ。

誰も、雪合戦を教えていないのに・・・

ポーズも決まっているね(*^_^*)



大きな雪だるまは、子供とスタッフの合作!



手を付けなきゃ、雪だるまにならないよ!


ほーらね。これでよし(*^_^*)



みてみて~。

両手が出来たの!!

やったー!!

「やっぱり、帽子が無いとね!」「うん!」



カパッ!!ほーら、出来たよ!



壊しちゃおっかなぁー。

ねぇ、雪だるまさん。どうする?

イッシッシッシッシィー(^u^)



あれ?帽子が無くなっちゃったね。



そうだ!!人参の鼻を付けてあげる!

Littleで「雪だるまのチャチャチャ」の歌を歌った時の事。

ぺ―プサートの「雪だるま」の鼻を指差して、

「にんじん」って言ってたっけ(*^_^*)



これをつけてあげる。

ピョッ!!

 

自然とのかかわりは、子供達の遊びをどんどん

繰り広げてくれます。

雪の上を、そりですべった雪の音

触って、確かめて感じる面白さ。

どこかで見た覚えのある雪だるまをイメージして作るワクワク。

教えていないのに投げたくなっちゃう雪合戦。

作ったらやる気満々で

「イッシッシッシッシィー(^u^)」と言いながら壊したくなっちゃう気持ち。

頭の中で遊びを考えてワクワクしている証拠ですね。

雪が降ってくれて、子ども達は大満足の一日でした。

雪遊びの夢を見ながら、ぐっすり眠れたことでしょう。

 

Print Friendly, PDF & Email