Q&A

資格を持っていないのですが、大丈夫ですか? 資格は持っているに越したことはありませんが、入職時は、資格を持っていなくても問題ありません。支援に必要な知識・技術は内外の研修や勉強会で学んでいきいます。利用者さんに、より安心で快適なサービスを提供できるよう、働きながら少しずつ資格(社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士など)取得を目指しましょう!すてっぷでは資格取得支援を行っております。新入職員には、資格取得に関する実習やスクーリングに使える資格取得休暇があります。
福祉の仕事は重労働で大変でしょうか? 福祉の仕事と一口に言ってもいろいろな仕事があります。介護、相談援助、作業指導、生活支援etc..重労働のイメージは介護の部分かもしれませんが、適切な道具や介護技術により、体に負担の少ない介護が出来るようになります。
夜勤が務まるか、心配です・・・ 夜勤、宿直は主にグループホームの業務として行いますが、入職してすぐにはありません。経験を重ねて、十分な支援が出来るようになってから行います。障がいを持つ方々の「普通に暮らす」支援はとても大切なものですから、法人全体でホームの運営を応援しています。また、夜勤の次の日は必ず休日にするなど、スタッフの身体への負担にも配慮したシフトを組むようにしています。
希望する施設で働くことはできますか? 配属は個人の適性や希望、各事業所の人員の状況を考慮して決まります。配属後数年すると異動もあり得ます。いろいろな部署での仕事を経験する事で障がいを持つ方々を総合的に支援出来るようになります。
子育てをしながら働くことは可能ですか? すてっぷでは、育児を頑張るママさんを応援しています。産休・育休・短時間勤務をうまく活用して、仕事との両立をしている職員もたくさんいます。すてっぷの職場には「ママさんを応援しよう!」という風土があるので、安心して働くことができますよ!
教育・研修制度はどのようになっているのですか? 新人、中堅、リーダー等の階層別研修や業務に必要な専門分野の研修等、スキルアップのための研修を数多く行っています。また、希望すれば外部の研修にも参加可能です。自分次第でスキルアップができるチャンスがたくさんあります。
どのようにキャリアアップができるのですか? すてっぷではキャリアパス制度を導入しています。自身のスキルに応じて、着実にキャリアを積むことができます。
福祉系の大学ではないのですが、大丈夫ですか? 全く問題ありません。福祉系以外の学校出身の先輩も、中心メンバーとして多数働いています。仕事に必要な知識・技術は内外の研修や勉強会で学んでいきいます。働きながら福祉の資格取得をするスタッフもたくさんいます。
地域とのつながりはありますか? もちろんあります。ベーカリーカフェすてっぷには地域の人が買い物にいらっしゃいますし、毎年5月に行う「すてっぷ祭り」では、ゲストをお招きし、多くの地域の方が施設を訪れます。前橋市総合福祉会館、群馬県立女子大学、群馬県立県民健康科学大学、その他企業の中でもたくさんの利用者さんとスタッフが働いています。
福利厚生について教えてください。 産休・育休、介護休暇制度はもちろん、勤続年数に応じて5日間のリフレッシュ休暇(金一封も!)制度もあります。職員はこのような制度をうまく活用して、長く仕事を続けています。
家が遠いのですが、寮はありますか? 寮はありませんが、転居手当て(条件を満たすと10万円の転居費用補助が受けられます)があります。
職場の雰囲気について教えてください。 職員は様々な年齢、バックグラウンドの人が集まっており、和気藹々とした雰囲気です。困難な事にはみんなで一致団結して立ち向かいます。気持ちのあるスタッフが揃っています。
職場見学や体験は可能ですか? 職場見学や職業体験(短期アルバイト)は随時募集しています。「すてっぷの雰囲気を知りたい」という方は、経験の有無に関わらず大歓迎です!興味のある方は、下記の連絡先にお気軽にお問い合わせください。
未経験から福祉の仕事を始めて、どれくらいで一人前になれますか? もちろん人によって違いますが、業務の一般的な流れを覚えることは、3ヶ月もあれば基本的には覚えることができます。 利用者さんにより良い支援を行うには相応の努力が必要ですが、努力次第でどんどん力をつけて活躍することが出来ます。


採用特設サイトTOP / 先輩インタビュー / Q&A / できるよ!ハワイ旅行 / 勤務条件