職員紹介 新井 亘

名前:新井 亘(あらいわたる)
所属:社会就労センターぴいす(就労継続支援B型)
役職:GM
職種:施設長、サービス管理責任者
入職:2003年
資格:社会福祉士
大東文化大学 外国語学部 中国語学科 卒業


 

自己紹介

一見コワモテですが、しばらく付き合うとギャップがあると言われることもあります。(見た目ほどは怖くないということ)

趣味

カンフー(通背拳、秘宗拳)、車(ジムニー@JB64)、ソロキャンプ、コーヒー、ガジェット(Apple信者)、SNS
*ガジェット=目新しい道具、面白い小物といった意味を持つ、携帯用の電子機器類を指す用語

特技

カンフー、ガジェットを使った諸々

 

 


 

すてっぷに入職した理由は?

37歳で転職活動をしている時、最初に面接に行った会社で「ここはほとんどが女性従業員で、男性が入ってくるとイジメられますが大丈夫ですか?」と聞かれた。
それを聞いて、どんなに給料などの条件が良くても意地悪な人が働いている所では働きたくないと思い、良い人が働いていそうな職場はどんな所かと考えた。
福祉の事は何も知らなかったけれど、良い人が働いていそうなイメージがあったので福祉の求人を探し、ハローワークにあったすてっぷの求人に応募した。

 



仕事で得意なことは?
(支援技術、介護、授産、ビジネススキル等)

TEACCH(ティーチ)
自閉症の人へのとても優れた支援プログラム。
物事をその人にわかりやすく示すことのできる手法で、誰にとっても役に立つプログラム。

 


 

すてっぷの魅力は?

クレドにある「人生に喜びや感動を得られる」ところ。
nomalization(障害のある人が、ふつうに働く、ふつうに暮らす、ふつうに楽しむ)という目的のために、いろいろ勉強して、工夫して、利用者の幸せ(well-beling)をかなえる仕事ができること。
利用者の笑顔を自分の事のように嬉しいと思えること。
自分が人として成長していると感じられること。
同じ目的に向かっていける頼りになる仲間がいること。

 

 


 

入職して感じたギャップは?

すてっぷはふつうの職場だなと思った。
(「福祉」という特別な世界ではない)

 



普段どんな仕事をしていますか?

施設運営、諸々の事務作業、サビ管業務。人手が足りない時は送迎、購買レジ、学食のラーメン作り等など何でもやってます。(ぴいすの利用者は県立女子大学の中で学食、購買、カフェ、清掃等の作業をしているため)

 


 

これから就職をされる方に一言!

すてっぷのサイトやSNSを見て、「ここで働いてみたい!」と思ったら、一緒に働きましょう!

 



今ハマっているものは?

車いじり、ドライブ、ソロキャンプ、コーヒー


 

自分のことをどう思いますか?

単刀直入、歯に衣着せないタイプ(悪気はないです)

 


 

好きな漫画、映画、小説

リアル、ナウシカ、MF GHOST、拳児、セイバーキャッツ、孤拳伝、LEON、ラピュタ、カリオストロの城、インディジョーンズ、ダイハード、燃えよドラゴン、イップマン(葉門)、ショーシャンクの空に、大脱走、ダーティハリー

 


 

好きな食べ物

餃子

 


 

犬派か猫派か

柴犬派

 


 

上記質問以外で書きたいことがあれば

働きながら50歳を過ぎてから社会福祉士の資格を取りました!(少し自慢。周りからは「奇跡が起きた!」と言われた。)


 


公開して良いSNSがあれば



 

 

Print Friendly, PDF & Email

CONTENTS

サイト更新情報

CONTENTS

インスタグラム@すてっぷ

すてっぷ公式ブログ

Life is beautifulLife is beautifulLife is beautiful