俳優の布施博さんがすてっぷに(月刊メルディア)

一般財団法人メルディアの広報誌『月刊メルディア』Vol.23ですてっぷが紹介されました。(7-10、25-27ページ)

俳優の布施博さんがインタビューにいらしてくださいました。

広報誌は↓からPDFでダウンロード出来ます。

一般財団法人メルディアの広報誌『月刊メルディア』Vol.23が発行されました。

このあとの号でとらっぱも紹介される予定です。



Print Friendly, PDF & Email

「ふつうに楽しむ!」関東社会就労センター協議会研究大会2019 in …

社会就労センター(SELP)とは、働く意欲がありながら、障害などの理由により、一般の企業に就職することが難しい人々のための福祉的就労の場のことです。
昔で言う授産施設、新しい制度では就労継続事業(A型、B型)、就労移行支援事業などの事業所です。
そういった全国の障害者の就労系の事業所が集まって社会就労センター協議会(全国、関東、各都県に組織があります)としてさまざまな活動を行っています。
その活動のひとつとして毎年各都県で研究大会が行われていますが、今年は群馬でその研究大会が開かれます。
就労系の協議会ですので、働くことをテーマにすることが多いのですが、今年は「楽しむ」ことをメインテーマに様々な事例発表やシンポジウムが行われます。

普通に楽しむ
「普通に働く」と「普通に暮らす」はこれまでたくさん議論されてきましたが、もうひとつ私たちが生きる上で欠かすことの出来ない「普通に楽しむ(遊び)」をテーマとしました。
 福祉の先進国であるデンマーク、スエーデンでは日中に、就労系の施設で働いた障害者が夕方から夜にかけて「余暇活動支援センター」に集まり、障害特性に応じた必要な支援を受けて、様々な楽しい活動を仲間達と行っています。
 勤勉な日本人としては「遊びに税金を使うなんて!」と思う方もいるかも知れませんが、障害者は仕事や暮らしに支援が必要なのと同じように遊びにも支援が必要です。しかし、今の日本では働いている障害者の遊びのための制度はなく、就労系の事業所が出来る範囲で「楽しみ(遊び)」の支援をしていることがほとんどです。
 余暇の充実(楽しみ)が仕事へのモチベーションアップに繋がったり、ストレスの解消になるのは障害者も健常者も同じことです。
 いずれは日本でも北欧のような余暇支援が制度化すれば良いでしょうが、先ずは各事業所で行っている「普通に楽しむ」支援の事例を発表しあい、「こんなことをやっている」「利用者にこんな変化があった」などの情報を共有し、出来ることから始めて行こうと思います。

日 程 2019年6月27日(木)~28日(金)

会 場 ホテルメトロポリタン高崎(群馬県高崎市八島町222)

*詳細は「関東selp大会ぐんま開催要綱.pdf」をご覧ください。

第一分科会で社会就労センターぴいすの佐藤美絵(サービス管理責任者)がすてっぷでの「ふつうに楽しむ」について発表をします!

関東selp大会ぐんま開催要綱(PDF)

Print Friendly, PDF & Email

2020新卒採用特設サイト

採用サイトロゴ

 施設見学、採用試験随時受け付けています。
 お気軽にお問い合わせください。
  
  総務課:w-step@s-step.com TEL 027-290-6161



illust885 2020 Recruiting Book(PDF)new001

illust885 勤務条件(求人票)new001

illust885 法人組織図
illust885 先輩インタビュー
illust885 Q&A

   *キャリア採用(中途採用)はこちらをクリック!


採用特設サイトTOP / 先輩インタビュー / Q&A / できるよ!ハワイ旅行 / 勤務条件

 

Print Friendly, PDF & Email

安心して散髪できるように(ヘルパーステーションすてっぷ)

4月初旬にケアホームのご利用者2名とスタッフ2名で散髪に行きました。

当日は、桜も見ごろということで、とらっぱで食事をしてから散髪、公園でお花見という計画をたてました。

今回のご利用者は、2名とも行動援護サービスでのご利用者になります。行動援護の対象者は、「知的障害または精神障害により行動上著しい困難を有する障害者等であって常時介護を有する者」で、行動する際に生ずる危険を回避するために必要な援護をすることがサービスの主要な内容になっています。

数年前から、ご家族での散髪への付き添いが難しくなり、定期的にヘルパーに依頼があったものです。散髪へは定期的にケアホームのスタッフとも相談しながら日程を調整していきます。

まずは、とらっぱで食事をしました。

よく知っているスタッフや利用者がいて安心して食事が摂れました。

Wさんは、とらっぱのピザランチだけでは足りなかった様子で、みんなの店を見学し、好きなパンを選んで一気に完食しました。

次は、散髪です。

まずは、Wさんの番です。Wさんは、じっとしているのが苦手です。

理容師さんは、昔からWさんの事をよく知る方なので、いつも手際よくカットしていただいているので安心です。

この日は、スマホで撮影したご本人の写真を見ていてもらうと、比較的落ち着いて座っていただけました。

次は、Oさんの番です。

Oさんも昔から通っている理容室なのでので安心してカットできました。

 

お花見を兼ねて、前橋市の石関公園に行きました。

自販機で好きな飲みものを自分一人で買うことができ、ゆっくりと過ごしました。

桜がきれいでしたね!

Print Friendly, PDF & Email