おしゃれを楽しむ 目指せベストドレッサー賞! (社会就労センターぴいす)

3月31日、29年度最後の行事、慰労会が行われました。

今回の会場は、音羽倶楽部。これまで行ったことのあるファミリーレストランやビュッフェレストランと違い、

結婚式なども行われるとってもおしゃれな会場です。

今回は、会場に合わせて、ドレスコードを「スマートカジュアル」に設定しました。

言葉だけではイメージしにくいため、説明や例を挙げたお知らせを事前に配布し、みなさんに準備をしてもらうことにしました。

 

みんなで披露しあえた方が楽しくなるのでは??ということで、以前合同忘年会で行っていた、「ベストドレッサー賞」も行うことにしました。

みなさん、気合が入ります!

今年度利用者会役員のお2人の乾杯で、会がスタートです。

 

食事の途中で、一人ずつ「おしゃれポイント」をアピールしていただきました。

春らしい、ピンクのスカーフが素敵ですね!足元もパンプスがきまっています。

ピシッとスーツがきまってます。革靴もよくお似合いです!

フワッとしたロングスカートや首元のパールネックレスが素敵ですね!

 

 

 

普段会えない仲間とも、盛り上がりました。

 

会の終盤、みんなで投票しあったベストドレッサー賞の発表です。

まずは、特別賞。3名選ばれました。

次は、優秀賞の2名です。副賞は、県女パン工房特製のスペシャルクッキーです。(パンのヒーローが主役のあのアニメのキャラクターです♪)

そして最優秀賞。ダントツの得票数でした!副賞は、同じく県女パン工房特製スペシャルクッキーです。(森に住んでる大人気のあのキャラクターです♪)

今回、惜しくも賞を逃した方もいらっしゃいましたが、みなさん大人の男性・女性として、素敵な装いで参加されていました。

 

一般的に、時と場合に応じた服装で出かけることが当たり前ですが、学校を卒業し、ずっと事業所で活動や作業をしていると、そういう「当たり前」を経験する機会が少ないことがあります。

どこへ行くにも同じ格好、何年、何十年前に買った服を着続けている、という方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、でかける先や用事に合わせて洋服を選ぶ、手持ちがなかったら洋服や靴を買いに行ったり、友達やスタッフに相談しながらおしゃれを楽しむという、「当たり前」の楽しみをみなさんに味わってもらえるよう、来年度もこのような機会を作っていけたらと考えています。

 

ぴいすについてはこちら

 

 

Print Friendly, PDF & Email